成長グラフ

多店舗?エステ?脱毛?美容院(ヘアサロン)が目指すべき事業展開

経営が安定し、次なる事業展開を考えている経営者の方は多くいるでしょう。
多店舗展開、脱毛やエステなど美容のサービスを取り入れる、美髪ヘアケアなど専門領域を極めて付加価値の高いサービスにするなど、事業展開に成功すれば、さらなる集客・収益のアップにつながります。

では、これからの時代、美容院はどのように事業展開を行えばいいのでしょうか。

今回は美容院の事業展開とその方法について解説していきます。

事業展開の目的

事業展開は、ほとんどの場合、事業の拡大を目的に行われます。
その方法は様々で、今ある店の店舗数を増やす「多店舗化」や、新たなサービスを提供する「サービス拡張」などの方法があります。
事業展開する理由は様々ありますが一例として、「現在の事業のみでは、いずれ経営が行き詰まってしまうかもしれないという危機感がある」「多くの人に自分が理想とするサービスを提供したい」などが挙げられます。
起業を存続させたり、成長させたりするために、事業展開はとても重要です。
しかし、事業展開しようと思っても、なかなか簡単な話ではありません。明確な目標や方向性などを定めたうえで、事業展開に取り組むようにしましょう。

美容院(ヘアサロン)の事業展開は多店舗化?メリットとデメリット

美容院の事業展開として多店舗を実施するという方法があります。
多店舗化とは開店したお店の業績が好調で、さらに、多くのお客様に商品やサービスを提供するために、2店舗目、3店舗目と開店を始めることをいいます。
ここでは、多店舗化のメリット、デメリットついて解説していきます。

多店舗化のメリット

多店舗化に取り組むことで企業としての売上向上を目指すことができます。
これは、多店舗化することで新しい顧客を獲得でき、売上アップを目指すことができるからです。また、1つのお店での店舗運営における問題を多店舗で補って、早期に解決に役立つ場合もあります。
その他にも、多店舗化していくと、お店の認知度上昇を目指すことができます。
同じ店舗名、ブランドなどで多店舗展開すれば、その分、多くの人に知ってもらうことができ、同時にブランドイメージを定着することにもつながります。

多店舗化のデメリット

多店舗化することで、デメリットとなることもあります。
そのひとつに、「経費の増加」が挙げられます。
多店舗展開すれば、家賃、設備費、人件費、水道光熱費など、お店にかかる経費が増えます。収益が上がれば問題ありませんが、仮に売上不振に陥ったときは経費が経営売上を上回ってしまい赤字になってしまうことにつながります。
また、複数店舗の展開をしている場合には、1店舗で評判が悪くなると他の店舗の印象も悪くしてしまうなど、企業全体に影響することもあります。

美容院(ヘアサロン)の事業展開はサービスの拡張がポイント!

事業展開には多店舗化のみではなく、新たなサービスを始める「サービスの拡張」という選択肢もあります。
「サービス拡張」を行うことで、他社競合との差別化を図ることもできます。
また、多店舗化では、新しい店舗を増やさないといけないため、家賃や設備など、多大な費用が必要になりますが、「サービス拡張」では店舗内で対応するサービスを増やすことで新規顧客の増加を目指せるので、今ある店舗ですぐに導入することができ、予算を抑えて事業展開できるメリットもあります。

近年、美容院では「美容面でトータル的なアドバイスをしてもらいたい」という需要が増えていることから、美容業界のサービス拡張が注目されています。
このことから現在、美容院は髪に関連する範囲を超えて、「エステ」や「脱毛」などを導入してサービス展開し、事業展開を行っている店舗が数多くあります。
ここでは、「エステ」と「脱毛」についてそれぞれ解説していきます。

エステ

エステにはフェイシャル、痩身、ブライダルなど様々な種類があります。
必須の資格はないことから、様々な美容院が事業展開の選択肢として導入しています。美容院の場合は、フェイシャルエステを基本に、サービス拡張を進めている店舗が多い特徴があります。
ただ、エステは美容における広範囲の知識が必要となるので、事業として拡張するには、様々な講習会を受けてサービス提供できる知識や技術を身に付けることが必須といえるでしょう。

脱毛

脱毛は近年では身だしなみのひとつとして、美容業界の中でも需要が高いサービスのひとつです。脱毛には、医療脱毛という特別な資格が必要な脱毛から、資格が不要なワックス脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛などの種類があります。
資格が不要な脱毛に関しては、脱毛器を導入し、機械の使用方法の研修を受けるだけで顧客へサービスを提供することが可能です。
もちろん、脱毛器の使用方法や仕組みなどについて理解する必要がありますが、エステに比べて広範囲の知識を学ばなければサービスの提供ができないという訳ではないので、事業展開として導入しやすい特徴があります。
また、美容院の脱毛の事業展開はとても相性が良く、「顔回りのムダ毛が気になる方」「うなじを整えたい方」など、ニーズに合わせてサービスを提供することが可能です。

まとめ

今回は、美容院の事業展開方法として「多店舗化」と「サービス拡張」についてお話をしました。
事業展開として経営者の方のなかには「お店を2店舗3店舗と増やすことを考えている」という方も多いかと思いますが、美容院の経営をしているからこそ導入しやすい「サービス拡張」もありますので、ぜひ参考にしてください。

サロン経営成功者のインタビュー資料をプレゼント!

サロン経営者の成功体験をインタビューし、1つの資料にまとめました。
みなさんが抱える悩みの解決へのヒントとなれば幸いです。
5分で読める凝縮された資料となりますので、是非お読み下さい。

人気記事ランキング

タグ一覧