美容院(ヘアサロン)の経営・運営
を成功させるポイント

 美容院経営のお役立ちコンテンツ 
美容院の経営・運営を成功させるには、売上アップや人材採用・教育など、手をかけなければいけない要素が数多くあります。
売上アップにしても新規やリピーター、SNSでの拡散などたくさんの方法があり、安定したあとは先々の事業展開なども考えていかなければなりません。
これから経営をスタートさせる方の中には、何から学べばいいか分からずにあいまいなままになっている方も多いのではないでしょうか?
事前に知っておくべきポイントを押さえておくことで、効率的に美容院経営を進めていくことができます。
ここでは、美容院経営で成功するために理解しておきたいポイントについてまとめていきます。

目次

美容院(ヘアサロン)の新規顧客獲得

美容院を開業するうえで、最初に考えないといけないことは新規顧客の集客です。
新規顧客を獲得することができないと、経営を続けることができないので、「新規の集客はどうすればいいのだろう」と思われている経営者も多くいるのではないでしょうか。
開業する地域によって差はありますが、現在、とても多くの美容院が店舗を構えている傾向にあります。
その中で、新規顧客を獲得するには、まず新規顧客分析を行うことが大切です。
ここでは、顧客分析の方法としてターゲット設定と、集客につながる新規顧客誘導のプロセスついてお話していきます。

ターゲット設定が大切

新規顧客を獲得するためには、まず「どのようなお客様に来店してもらいたいか」ということを決めることから始めます。美容院経営者は、多くの場合「このようなお店を経営したい」というコンセプトを考えられていると思います。
そのコンセプトは「どのようなターゲットに向けると集客が見込めるか」「競合と比較をして、自分の店に来店してくれるか」などを予想するようにしましょう。
年齢・性別・住んでいる地域など、あらかじめ「来店してもらいたい新規顧客の層」を考えることでターゲットを絞り設定することができます。

新規顧客誘導のプロセス

新規顧客に来店してもらうには、「来店する理由・動機」などが必要です。
開業する地域に競合の美容院があれば、顧客は行ってみたいと思える店舗へ来店するでしょう。
新規顧客に来店してもらうためには、

 

  • 割引クーポンを配布する
  • 店舗の外装をおしゃれにして来店してみたいと思わせる

 

など、他にもさまざまな方法があります。
店舗のコンセプトにあった方法で、来店する動機つけを考えるようにしましょう。

美容院(ヘアサロン)のリピーター分析

新規顧客の獲得も大事ですが、同時にリピーターの獲得も美容院経営では重要です。
リピーターを増やすには、さまざまな方法が挙げられますが、
主な方法としては、
  • ポイントサービスの導入
  • 顧客のイメージに寄り添った対応
  • 予約システムの導入
などがあります。

リピーターにおいても顧客分析を行い、再来店してもらえるように工夫をしましょう。
リピーター分析に活用される方法としては「RFM分析」や「デシル分析」などが挙げられます。
RFM分析とは、「Recency(直近利用日)」、「Frequency(利用頻度)」、「Monetary(利用金額)」の3つに視点をあてた分析方法です。

RFM分析を行うことで、リピーターの来店サイクルに合わせて接客することが可能です。
「最後の購入から時間が空いているが、定期的に来店してくれる顧客」や「少額ながらも月に1回など、短い間隔で定期的に来店してくれる顧客」を分析することで、顧客ひとりひとりに合った接客やアプローチが行えます。
デシル分析は、顧客を10等分にグループ化して分析する方法です。

例えば、グループ化する基準を「顧客の支払金額」と「利用したサービス内容」にして、支払金額が高い順に10個のグループに、ランク分けをします。
ランク分けをすることで、どの金額で、どのようなサービスの需要があるかを把握することができるので、リピーター顧客の分析に役立ちます。
リピーター率が高ければ、安定した経営を目指すことができるため、リピーター集客は特に大切にしましょう。

美容院(ヘアサロン)の集客方法

美容院の集客方法はさまざまな方法があります。
代表的な方法としてチラシ、美容院ポータルサイト、ホームページ、カットモデルの活用などが挙げられます。
店舗近隣地域のアピールに最適なチラシでは、通いやすい顧客にアプローチをすることができる。美容ポータルサイトはいい美容院を探す顧客層が多いので、積極的な情報を求めている顧客にアプローチができる。自店舗の情報を豊富に掲載することが可能なホームページでは、顧客にさまざまなメリットを伝えるアプローチができる。など、それぞれの特徴があります。
また、最近では、カットモデルを活用して集客アップをする方法を用いている美容院も増えています。
お店を知ってもらうための宣伝広告は、大きな反響が期待できる可能性があるため、コンセプトに合わせた集客方法を活用しましょう。

美容院(ヘアサロン)のスタッフ求人

美容院経営は小規模店舗のひとり経営の場合を除き、多くの店舗で求人募集が行われ、人材採用しています。
ただ、求人募集はさまざまな方法があり、どのように求人募集をすればいいのか分からないと思う経営者の方も多いのではないでしょうか。
美容院の求人でよく使われている方法は主に、紙媒体、インターネット、紹介などが挙げられます。
紙媒体やインターネットでは、求人募集を行ううえで掲載料が必要な場合がほとんどですが「紙媒体は、地域に沿った求人情報を出すことができる」「インターネットでは、幅広い条件で求人募集を行うことができる」などが特徴です。
インターネットの求人募集では、代表的なものに「リジョブ」などが挙げられます。アプリやサイトなどから募集することができることから、多くの美容師に利用されています。

また、紹介の求人は、前職で働いていた美容院のスタッフなど、顔見知りの人を採用する方法です。美容院の雰囲気や働き方など前もってお互いに理解し合えているので、新しく入るスタッフの不安も少ないでしょう。

美容院(ヘアサロン)の人材育成

美容院経営では、人材確保のための求人募集を行うことは大切ですが、同時に人材育成も重要です。
厚生労働省の「産業別入職率・離職率」の調べによると、美容業界は離職率が高い業界とされています。勤務年数が3年未満での離職率が高く、5年目ではさらに高いことが特徴です。(参照:厚生労働省 産業別入職率・離職率)
この離職率の高さは人材育成と深く関わりがあります。
例えば、新卒として美容院に入社をする場合、勤務年数3年まではアシスタントとして働くことがほとんどです。
アシスタント業務は理容スキルの取得や接客など、今後美容院で長く働くうえで基礎となる多くのことを学ぶことができます。
同時に普段の業務以外にも、営業時間外の練習などを繰り返し行います。この練習はスタイリストを目指して技量を上げるために必要なものですが、肉体的にも精神的にも限界を迎えてしまい、離職の原因になってしまうこともあります。
現在スタイリストとして活躍している誰しもが通っている道なので疑問に思わない方もいるかもしれません。ただ、しっかりとケアをしなければいい人材は育ちませんし、早期離職へとつながってしまいます。
美容院経営において長く一緒に働くスタッフは、とても大切な存在です。
人材育成では、働くモチベーションとなる「責任感」や「将来の夢」などをしっかりと与え、やりがいを持たせる必要があります。


美容院経営では、人材確保のための求人募集を行うことは大切ですが、同時に人材育成も重要です。

厚生労働省の「産業別入職率・離職率」の調べによると、美容業界は離職率が高い業界とされています。勤務年数が3年未満での離職率が高く、5年目ではさらに高いことが特徴です。
(参照:厚生労働省 産業別入職率・離職率

この離職率の高さは人材育成と深く関わりがあります。 例えば、新卒として美容院に入社をする場合、勤務年数3年まではアシスタントとして働くことがほとんどです。

アシスタント業務は理容スキルの取得や接客など、今後美容院で長く働くうえで基礎となる多くのことを学ぶことができます。 同時に普段の業務以外にも、営業時間外の練習などを繰り返し行います。
この練習はスタイリストを目指して技量を上げるために必要なものですが、肉体的にも精神的にも限界を迎えてしまい、離職の原因になってしまうこともあります。

現在スタイリストとして活躍している誰しもが通っている道なので疑問に思わない方もいるかもしれません。ただ、しっかりとケアをしなければいい人材は育ちませんし、早期離職へとつながってしまいます。 美容院経営において長く一緒に働くスタッフは、とても大切な存在です。 人材育成では、働くモチベーションとなる「責任感」や「将来の夢」などをしっかりと与え、やりがいを持たせる必要があります。

美容院(ヘアサロン)のサービス拡張

美容院の経営をさらに発展させるためには事業展開が必要になってきます。
事業展開に取り組むことで、事業を拡大することができ、売上・利益アップを目指すことができます。

美容院の一般的な事業展開の方法は、「多店舗化」と「サービス拡張」です。
多店舗化とは、店舗数を増やすことを指します。認知度が高い店舗であれば、初めて来店する新規顧客でも通いやすいメリットがあります。多店舗化によって店舗数が増え、各店舗の成果を上げることができれば売上・利益を増やすことができるでしょう。

ただ、多店舗化は新店舗を出す必要があるので、家賃や設備費、人件費など大きなコストがかかる特徴があります。
そこで、美容院経営で事業展開を目指すなら、サービス拡張がおすすめです。
サービス拡張とは、既存店舗で対応できるサービスを増やすことで、美容院では「エステ」や「脱毛」など、他の美容業界のサービス拡張が注目されています。

サービス拡張は、多店舗化に比べて事業展開するコストを抑えることができたり、競合他社との差別化を図ることができたりするメリットがあります。

まとめ

今回は美容院の経営・運営を成功させるポイントとなる、新規・リピーターの獲得や集客方法、人材募集や育成、サービス・事業の展開について解説しました。
美容院経営は集客、人材、サービスのすべてが重要な要素で、バランス良く運営をしなければいけません。
この要素のひとつでも欠けてしまうと、経営がうまくいかない原因になってしまうので、ポイントを抑えて運営することを目指しましょう。

 美容院経営のお役立ちコンテンツ 

サロン経営成功者のインタビュー資料をプレゼント!

サロン経営者の成功体験をインタビューし、1つの資料にまとめました。
みなさんが抱える悩みの解決へのヒントとなれば幸いです。
5分で読める凝縮された資料となりますので、是非お読み下さい。

人気記事ランキング

タグ一覧