新米美容師に伝授しよう!会話に困らないお客さまとの会話ネタ集

美容院に来店なさるお客さまのなかには、美容師との会話を楽しみしている方も多いでしょう。

美容師経験が長くなると、お客さまと会話する力が身についてくるかと思いますが、新人時代は会話に困ることもあるでしょう。常連さんであれば話題が決めやすいと思いますが、新規のお客さまの場合には何を話題にするか悩んでいる美容師も多いでしょう。

そこで、新米美容師でも実践できる、お客さまとの会話に困らない会話のネタを3つ紹介していきます。事前に会話のネタを頭に入れておけば、心強いですよね。

会話を膨らませるためにも、本記事でご紹介する会話のネタとコツを、ぜひ新米美容師に伝授してみてください。


目次[非表示]

  1. 1.プロだからこそお伝えできるヘアケアや美容の話
  2. 2.距離を縮めるのにおすすめの出身地についての話
  3. 3.親近感が湧きやすい趣味や休日の過ごし方
  4. 4.まとめ



プロだからこそお伝えできるヘアケアや美容の話

美容ネタは美容師だからこそ話せるネタです。普段のケアやスタイリングの悩みを聞きだし、アドバイスをすることで自然と会話につながります。

イメージチェンジをしたい、また、髪質を改善したいなど、美容院にいらっしゃるお客さまの目的や悩みはそれぞれです。うまくタイミングを見計らいながら、髪や美容に関する悩みを聞きだしてみてはいかがでしょうか。そして、美容師だからこそできるアドバイスをすることで、自分も話題に困らず、お客さまにも喜ばれます。

また、ドライヤーの当て方をレクチャーする、おすすめのスタイリング剤を紹介するといった美容師側ならではの話題を持ちかけることで、お客さまが話しやすい雰囲気を作りましょう。

日頃のヘアケアやスタイリング方法など美容師の得意分野をアピールする絶好の機会です。「すごい」「私もやってみたい」とお客さまが思ってくだされば次回来た時に試したことを話そうとリピートしたくなるかもしれません。

特に、かわいくなりたい、美しくなりたいと思っているお客さまであれば、美容ネタは盛り上がります。「どのようなイメージになりたいですか?」「髪質でお困りのことはありますか?」といったように、気軽に聞くことから始めてみましょう。

ただし、お客さまの悩みに対して、傷つけるような言い方にならないよう、充分気を付けてください。
思ったままのことをストレートに口にだすのではなく、言葉を選び、アドバイスという形で会話を続けるのがコツですよ。


距離を縮めるのにおすすめの出身地についての話

お客さまの出身地をお尋ねするのもひとつのきっかけになります。行ったことがない場所であるときには「何が有名ですか」「現住所にはいつから住んでいらっしゃるのですか」と会話につながります。

美容院の近くにお住まいであれば、地元話で盛り上がれます。おすすめのお店やメニューなど、情報交換をすれば自分の役にも立ちますね。自分が知っているお店をお客さまが知らない場合は、「ここのお店もおいしいですよ」とおすすめするのも良いですね。

遠い所から来てくださっているお客さまであれば、お住いの地域やこれまで行ったことのある地方の話なども、今後の参考にもなるので面白いでしょう。

ご当地グルメの話やその地方出身の芸能人の話題など、話をつなげられることもありますよ。

教えていただいたお店の情報や地域の情報をカルテに書いておくと、次回の来店時に活かせるのでおすすめです。

お客さまおすすめのお店に実際行ってみるのもいいですね。次回ご来店の際に、「行ってみました!」とお伝えできますし、お客さまも覚えていてくれたことをうれしく思います。

お客さまとのコミュニケーションは信頼関係を築くために大切なことです。

出身地についての話題は取り入れやすいと思いますので、ぜひ試してみてください。
ただし、お客さまによっては出身地に触れられたくない方もいらっしゃいますので、その場合には美容院付近のおすすめのお店の話題に切り替えるといった機転を利かしましょう。


親近感が湧きやすい趣味や休日の過ごし方

やはり、趣味は会話が広がりやすいネタでしょう。何がきっかけで始めたかや、その趣味のどういったところがおすすめポイントかなどお尋ねし、会話を広げていきましょう。

自分が全く手の付けたことがない趣味であれば新しい発見につながりますし、お客さまと同じ趣味であれば、さらに掘り下げた内容で盛り上がれるでしょう。

このように話題が広がりやすく、飽きないネタが「趣味」です。

そしてエンタメ話題も会話のきっかけにしやすいネタです。

「昨日のテレビ見ましたか?」「好きな芸能人はどなたですか?」と、どのようなお客さまでも抵抗感が少ない会話から始めるのがコツです。そこから話を掘り下げられることもあるので、話題が見つからない場合はこのネタを使ってみてください。

また、SNSに関するネタもおすすめです。「Instagramを使っていますか?」や「ブログ書いていますか?」など聞いてみて、どのような内容が好きなのか、誰をフォローしているかといったことから、話を広げるのも良いでしょう。もし、あなた自身がInstagramをしていれば、フォローしてもらえるチャンスになるかもしれませんよ。

あわせて、カット風景をアップさせてもらえるか、お願いもできます。
お客さまの友達にも、美容院を知ってもらえるきっかけになりますし、SNSの話題はメリットもありますのでおすすめです。


まとめ

今回は、新米美容師に伝授できる会話のネタ3つととコツをご紹介しました。

会話が苦手なお客さまもいらっしゃるので、あらかじめどのようにお過ごしになりたいかアンケートを取るといった方法もあります。お客さまにとって心地よい空間と美容師との距離間を保てるようにしましょう。

美容師とお客さまの会話は、信頼関係を築いてリピートにつなげるためにも大切です。ですので、会話のネタや情報収集に努め、またお客さまの反応もしっかり受け止めるよう、新米美容師にアドバイスしてあげてくださいね。


サロン経営成功者のインタビュー資料をプレゼント!

サロン経営者の成功体験をインタビューし、1つの資料にまとめました。
みなさんが抱える悩みの解決へのヒントとなれば幸いです。
5分で読める凝縮された資料となりますので、是非お読み下さい。

人気記事ランキング

タグ一覧