美容師アシスタントの悩みって何?辞められる前にできることは?

美容師は、ハードな仕事のひとつといわれています。残業が多く休みが取りにくいことや、立ち仕事で体を壊しやすいなど、悩みを抱えている方も多いようです。

特に、仕事に慣れていないアシスタント時代は、辞めたいと考えてしまうこともあるでしょう。

美容師から美容院の経営者にキャリアアップされた方であれば、美容師が大変な仕事だということをよく知っているはずです。

そこで、本記事では、美容師アシスタントの悩みと、アシスタントが辞めてしまう前にできるアドバイスを紹介します。
美容院によっては、快適に働ける店舗もたくさんあります。そういった働きやすい環境を作って、優秀な美容師に育て上げましょう。


目次[非表示]

  1. 1.美容師アシスタントの悩みとは
  2. 2.精神的なつらさへの対処方法
  3. 3.労働時間の長さへの不満の対処方法
  4. 4.手荒れや腰痛など身体的な悩みの対処方法
  5. 5.まとめ



美容師アシスタントの悩みとは

ご存じのようにアシスタントの仕事といえば、シャンプーやマッサージ、カラー・パーマの補助、店内の掃除や片付け、雑務などやることがたくさんあります。さらに、美容師としての腕を上げるために、カットやパーマなどの練習もしなければいけませんよね。

営業時間内の業務のほか、練習やモデルハントといった肉体労働が多いことや、お給料が安定していないということで悩んでいるアシスタントが多いようです。なかには、手荒れがひどくなってしまったり腰を痛めてしまったりと、身体的な悩みを抱えてしまう人もいます。

また、技術を上げるためには日々の努力が必要ですので自分の時間が取りづらいということも、アシスタントにとっての悩みのひとつです。
どの業界も新人時代は大変ですが、なかでもデビューまでの期間が長い美容業界は特に、精神的にも身体的にも悩みを抱えやすいでしょう。


精神的なつらさへの対処方法

精神的なつらさに関しては、できるようになったことを褒めるといったケアが効果的です。
アシスタント自身も「認められた」と少しずつ自己肯定感が得られ成長へとつながっていくでしょう。
また、直属の先輩よりも、経営者の方がアシスタントにとって話しやすい場合もあります。良き経営者がいることでモチベーションの向上につながる場合もあるので、定期的に相談にのるといったサポートを忘れずにしていきましょう。

せっかく夢を持って入社してくれたアシスタントが辞めないように、一緒に前向きな姿勢で話し合いをしていけると良いですね。


労働時間の長さへの不満の対処方法

アシスタントは美容院閉店後にレッスンをするため、どうしても労働時間が長くなりますよね。
一人前のカット技術を身に付けるためには、早朝・深夜まで練習という厳しい練習の積み重ねとなりますが、そういった生活スタイルは体に負担をかけます。

出勤日は仕事だけで一日が終わり、休日も勉強や練習が山積みですので、労働時間に不満を感じて辞める方が多いです。

労働時間の長さに関する対処方法としては、シフト制度を導入したり、休みを取りやすくしたりするといった環境作りが必要になります。
特にフルタイム勤務の場合は、美容院の定休日のみが休日という方も多いため、有給休暇のほか、リフレッシュ休暇や夏季休暇といった、特別休暇制度を設けることもおすすめです。


また、アシスタント時の努力をお客さまは見てくれていることを伝えましょう。

スタイリストに比べ、お客さまと接する時間は多くはありませんが、シャンプーの腕が良い、会話が面白いといった印象を残すことで、リピーターにつながります。

実際にアシスタント時からの常連さん、というお客さまもよく見かけます。
アシスタント時の努力は必ず誰かが見てくれていると、体験談を交えて先輩から教えてあげましょう。


手荒れや腰痛など身体的な悩みの対処方法

手荒れや腰痛などの身体的な不調は、美容師であれば誰しもが通る悩みです。

シャンプーを担当する際は、前かがみの姿勢になり、腰に負担がかかります。
また、立ち仕事が多いため、足のむくみや腰痛など、身体の悩みを抱えてしまうことがあります。痛みが大きくでてからでは、仕事にも影響が出るため、身体の不調が出やすい部分を先に伝えてあげたり対策方法を伝えてあげたりといったサポートが必要です。

腰痛があまりにひどい場合は、整骨院や病院に通うことも検討するよう、アドバイスしてあげましょう。福利厚生で利用できる整骨院やマッサージサロンなどを準備しておくと、なお良いかもしれません。

また、美容師は手荒れに悩む方も非常に多く、特に女性は手が荒れてしまうとショックが大きいでしょう。

手荒れが悪化してしまうとシャンプーができない、道具を持つときに勝手が悪くなるなど仕事に影響が出てきてしまいます。

ハンドクリームをこまめに塗る、手が濡れた際にはしっかり水分をふき取るといった意識的なケアで軽減できることを教えてあげましょう。
また、不調が出てからは遅いこともあるので、入社間もない時に教えてあげると、前もって不調を防げる可能性もあります。


まとめ

「辞めたい」と思う瞬間は、美容院のアシスタントだけでなく、別の業界の新入社員や不慣れな作業をする社員の方でも、一度はあることでしょう。

その悩みをケアできるのは、同じ経験をしてきた経営者や美容師のみなさまです。

相談しやすい環境を作り、アシスタント時代に頑張れば大きな成果につながることをアドバイスできるようにしていきたいものですね。

また、ただ単調に仕事をこなすよりも、「目標」を持つことがモチベーションにつながることも伝えてあげましょう。

アシスタント時代に苦労したことが今役立っていることを伝えられれば、先輩を見習おうと頑張ってくれることと思いますよ。

サロン経営成功者のインタビュー資料をプレゼント!

サロン経営者の成功体験をインタビューし、1つの資料にまとめました。
みなさんが抱える悩みの解決へのヒントとなれば幸いです。
5分で読める凝縮された資料となりますので、是非お読み下さい。

人気記事ランキング

タグ一覧