トラブル回避。カットモデルを頼む際の注意点は?

新人美容師の練習に欠かせないカットモデル。スタイリストとして成長するためには経験がとても大切ですよね。

スタイリストの技術向上に加え、モデル側としては通常料金よりも格安でカットしてもらえることから、カットモデルをしたい側もしてもらいたい側も多く、最近では、カットモデルを募集するためのアプリやWebサイトなどが提供されています。

一方で、カットモデルとサロンの間でトラブルが起こっていることも事実です。カットモデルを依頼するときは、これからご紹介する注意ポイントをしっかりと伝えるようにしましょう。


目次[非表示]

  1. 1.トラブルを防ぐために注意点をしっかり伝えましょう
    1. 1.1.・経験の浅い美容師が施術する
    2. 1.2.・時間がかかる
    3. 1.3.・時間指定ができない
    4. 1.4.・料金の有無
    5. 1.5.・スタイルの指定は不可
  2. 2.よくあるトラブルの事例
    1. 2.1.・金銭トラブル
    2. 2.2.・要望トラブル
    3. 2.3.・時間トラブル
  3. 3.まとめ


トラブルを防ぐために注意点をしっかり伝えましょう

カットモデルを依頼する際には、5つの注意事項があります。事前に注意点をきちんと伝えて、サロン側とモデル側の認識に相違がない状態にしておきましょう。


・経験の浅い美容師が施術する

スキルアップのため行うカットモデル。新人や技術が未熟なスタッフが対応することもあるでしょう。そのような場合に、トップスタイリストのような高い技術を求められてしまうと、トラブルになる可能性があります。

あらかじめ、経験の浅いスタッフが対応するということを伝えておきましょう。


・時間がかかる

例えば、新人スタイリストの技術向上を目的とする場合は、先輩スタイリストがチェックしながら施術を行うといったこともあると思います。その分、通常の施術よりも時間かかることがあるため、事前に所要時間を伝えておきましょう。


・時間指定ができない

カットモデルへの施術は、営業時間外で行うことが多いでしょう。

ときには、早朝だったり深夜帯だったりすることもあると思います。通常のサロン予約とは異なり、カットモデル側による自由な時間指定はできないということを伝えておきましょう。


・料金の有無

費用についてカットモデルとよく確認しておきましょう。通常の料金よりもお得だとしても、または無料だとしても、金銭に関する問題は、後々トラブルの元になりますので、事前にしっかりと伝えることが大切です。


・スタイルの指定は不可

なかには、自分のしたいヘアスタイルになれると考えているカットモデルもいます。

施術後、どのようなヘアスタイルになるのかということは、事前に伝えるだけではなく、カットモデルからの了承を得ることも忘れないようにしましょう。


よくあるトラブルの事例

・金銭トラブル

カットモデルから「無料で施術してくれると思っていたのに、トリートメント代やカラー代を支払うことになった」と言われた事例です。

カットモデルを引き受けてくださる人のなかには、無料でカットやカラー、トリートメントなどをサロン側がしてくれるという認識の方もいます。

カットモデルに無料で施術するサロンと、必要な材料費を支払ってほしいサロンがあることでしょう。ご自分のサロンが材料費を請求するのかどうか、事前にカットモデルへ明確に伝えておきましょう。トラブルへと発展しやすい金銭面については要注意です。


・要望トラブル

「依頼されたときと違うヘアスタイルで当日お店に行ったらモデルを断られた」という事例もあります。

当日までヘアスタイルの変更をしないよう伝えていなかったために引き起ったトラブルです。依頼をした際のヘアスタイルで来店してくださるよう、あらかじめ要望をお伝えしておきましょう。


・時間トラブル

「伸ばしていた前髪を切られた」という事例は、カットモデルに限らず、ヘアサロンでは起こりえるトラブルです。カットモデルの場合は、新人スタイリストによる施術の場合も多いため、特にトラブルのもとになりやすいといえます。

技術向上のためであることと、ヘアスタイルはスタイリスト側で指定することを伝えておきましょう。


まとめ

カットモデルを依頼するときの5つの注意点と事例をご紹介しました。事例でご紹介したようなトラブルが起きないためにも、注意点を把握し、事前にしっかりと伝えることが大切です。

カットモデルに関するトラブルの多くは、意思疎通ができていなかったことにより起こっています。サロンワークは多忙だと思いますが、カットモデルを依頼するときはコミュニケーションを怠らないよう心がけましょう。

また、アプリやWebサイト、SNSなどで募集する際には、サロンの要望のほかに注意点を明記しておくと良いでしょう。「経験の浅いスタッフが施術する」「時間がかかる」「時間指定ができない」「料金の有無」「スタイルの指定は不可」という5つの注意点をしっかり伝え、カットモデルに関するトラブルを回避しましょう。

サロン経営成功者のインタビュー資料をプレゼント!

サロン経営者の成功体験をインタビューし、1つの資料にまとめました。
みなさんが抱える悩みの解決へのヒントとなれば幸いです。
5分で読める凝縮された資料となりますので、是非お読み下さい。

人気記事ランキング

タグ一覧