カットモデルを選ぶ基準は何?選ぶにはどうすればいいの?

カットモデルはアシスタントだけではなく、中堅の美容師も募集することがあります。常連のお客さまだけでなく、より多くの方の髪に触れることで、スキルアップになるからです。

そのため、スタッフのスキルアップのために常時カットモデルを募集しているヘアサロンもあります。

しかし、街で声掛けをしてもカットモデルがなかなか見つからない、またどのような人を選べばよいかわからない、という声もあります。


スムーズにカットモデルをハンティングするために、カットモデルを選ぶ基準とポイントを紹介します。

今までカットモデル選びに苦戦されていた方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。


カットモデルを選ぶ基準は「条件にあった髪」

カットモデルは美容師の練習のためのモデルと、コンテストや撮影のためのモデルに大きく分けられます。


練習のためのカットモデルの場合、美容師が練習したい髪型にするだけのの長さがあるかどうかが選ぶ基準になります。また、アシスタントがカットする場合は万が一の失敗に備えて、髪の長い方に声を掛ける方が安心です。


モデルをハンティングするなかで髪の長さも大切ですが、髪質のチェックをしておくこともおすすめです。髪のクセや太さのように髪質が違うと、スタイリング方法も変わるため、できるだけさまざまなタイプの髪質のモデルを集めて練習するとよいでしょう。


自分がどのようなヘアスタイルの練習をしたいのかを決めたうえで、条件にあった髪のカットモデルを見つけることがポイントです。

カットモデルは若い方が引き受けてくれやすいです。そのため、学生や若い年齢層が集まる場所で声かけをするともハンティングの成功率をあげるコツです。


コンテスト用・カタログ用のモデルはイメージに近い人を

コンテストやカタログ用のモデルは髪質や顔立ち、スタイルなどサロンのイメージに近い人を選びましょう。写真撮影の際に見栄えがよくなるように髪型や質感だけでなく、スタイルやファッションセンスなどもチェックしてハンティングをします。


アシスタントの練習のためのカットモデルよりも探すのは難しいかもしれませんが、スタイルや顔立ちなどイメージに合う人をスカウトするようにしてください。

コンテスト用のモデルは人前に出ることもあるため、声を掛ける時にコンテストのモデルとして協力して欲しいことを先に伝えましょう。


また、コンテストに出場する際は時間や手間がかかるため、予めどのようなコンテストでどのような髪型にするのか、フォトのみのコンテストか、競技の日時や場所などを説明しましょう。


スカウトする際に特典や割引について、施術やケア製品が無料になるなど、一緒に説明すれば受けてもらえる可能性も上がります。お得な情報はカットモデルにとってプラスになるので、声掛けの際に伝えることをおすすめします。


カットモデルを切り口に集客する手段も

カットモデルがきっかけでリピーターになっていただける可能性もあります。カットモデルで来店すると、サロンの雰囲気やどんなスタイリストがいるのか、技術面などを知る機会にもなります。良かったと思えたら次はお客さまとして来店していただけるかもしれません。


スムーズにカットモデルのスカウトをしたいけど、知らない人から声をかけられたら誰でも警戒してしまいます。話を聞いてもらえたとしても、第一印象で信頼できないと判断されると、カットをお任せしてもらえません。声をかける際は、どこのサロンの誰なのか自己紹介をして、パンフレットや名刺を差し出してみましょう。

お客さまの髪型や質感のカウンセリング、また日常会話や美容に関する知識などを加えながら、楽しい雰囲気を作って良い印象を残せるように工夫してください。


また、お金やカット時間の遅延はトラブルの原因になりやすいため、事前に説明してください。

無料であるか、有料であるか、開始する時間帯や何分ほど要するかなど、お客さまの不安要素は除いてあげてください。

信頼を築けば、「また来たい」と思うきっかけをつくれます。特に、若い世代はカットモデルに協力的なため、どんどん声掛けをしてください。


声掛け以外にも、最近ではSNSやWebサイト、アプリで募集するケースも増えています。

メリットはマッチングが容易なこと、連絡が取りやすいことですが、モデルの方の見た目や髪質が分かりにくいことがデメリットです。

そのため、SNS等を利用する場合は、髪の状態や長さを聞く、または写真を送ってもらうなどして、ミスマッチが起こらないように気をつけてください。


まとめ

街中でのカットモデルのハンティングは不審がられることもあると思います。

しかし、話し方を意識することや目的をしっかり説明することで、相手からの信頼度も大きく変わります。

もし、上手くいかないとお悩みの方は、相手の立場になり、どのような声掛けなら快く引き受けてもらえるか、言葉の選択には注意してください。


また、モデルの選び方は本記事でご紹介したポイントをぜひ参考にしながら、コツを掴んでください。ハンティングも日々の積み重ね次第です。諦めずに、積極的に声掛けをしてくださいね。

サロン経営成功者のインタビュー資料をプレゼント!

サロン経営者の成功体験をインタビューし、1つの資料にまとめました。
みなさんが抱える悩みの解決へのヒントとなれば幸いです。
5分で読める凝縮された資料となりますので、是非お読み下さい。

人気記事ランキング

タグ一覧