予約なしでヘアサロンに来られたお客さまの対応方法

最近、完全予約制のヘアサロンが増えています。

美容業界の競争率が高いなか、他の店舗と差をつけるポイントのひとつとして「予約なしで来店されたお客さまへの対応」が重要となるでしょう。


もちろん完全予約制店舗とうたっている以上、予約されている方が優先となりますが、予約の有無に関わらず、来店される方全員が大切なお客さまです。


では、飛び込みで来られた方へはどのような対応が正解なのでしょうか?

ヘアサロンに予約なしでお客さまが来店されたときの対応方法を紹介します。


突然の来店はお店としてはうれしいこと

予約の有無に関係なく、お客さまがヘアサロンに来店されることはお店にとって嬉しいものです。

突然の訪問に驚いてしまうかもしれませんが、必ず笑顔で出迎えましょう。嫌な顔や真顔など、お客さまの不安を煽るような表情は控えてくださいね。たとえ完全予約制のヘアサロンであっても、来店されるお客さま全員に同じ態度で接することが大切です。


また、予約なしで来られるお客さまの多くは「予約なしでも大丈夫かな?」「断られないかな?」と不安を抱いています。なかには、飛び込みで来店することを申し訳なく思う方もいるはずです。

そのため、最初に出迎えるスタッフが笑顔でなければ、あまり歓迎されていないと感じさせてしまいます。最初の印象は深く残りますので、最初の接客が重要です。「ようこそいらっしゃいました。担当いたします○○です。お席にご案内いたします。」とできる限り丁寧に、そして真摯な対応を心掛けましょう。


突然の来店はお店としてはうれしいこと

予約の有無に関係なく、お客さまがヘアサロンに来店されることはお店にとって嬉しいものです。

突然の訪問に驚いてしまうかもしれませんが、必ず笑顔で出迎えましょう。嫌な顔や真顔など、お客さまの不安を煽るような表情は控えてくださいね。たとえ完全予約制のヘアサロンであっても、来店されるお客さま全員に同じ態度で接することが大切です。


また、予約なしで来られるお客さまの多くは「予約なしでも大丈夫かな?」「断られないかな?」と不安を抱いています。なかには、飛び込みで来店することを申し訳なく思う方もいるはずです。

そのため、最初に出迎えるスタッフが笑顔でなければ、あまり歓迎されていないと感じさせてしまいます。最初の印象は深く残りますので、最初の接客が重要です。「ようこそいらっしゃいました。担当いたします○○です。お席にご案内いたします。」とできる限り丁寧に、そして真摯な対応を心掛けましょう。

​​​​​​​

新規のお客さまの場合は良い接客を心掛ける

新規で来店されたお客さまの場合、ゆくゆくはリピーターになっていただける可能性があります。もう一度来店したいと思っていただけるよう、気持ちの良い接客を心掛けましょう。


ヘアサロンの場合、お客さまが別店舗に目移りしやすい傾向があります。

そのため、気持ちの良い丁寧な接客をしながら、いかにお客さまの信頼を勝ち取れるかが重要です。


信頼を得るためには、お客さまのなりたい髪型やヘアサロンの過ごし方など、要望を真摯な態度でヒアリングし、お客さまが満足するためにはどうすればいいのかを重点的に探っていきましょう。


また、ヘアサロンでは静かに過ごしたいというお客さまもいらっしゃいますので、様子を見ながら、その人に合った対応を心掛けてくださいね。


特に新規のお客さまの場合、店舗の雰囲気や美容師の態度をよく観察しています。もし1人でもプロ意識に欠ける美容師がいたら、店舗全体のイメージが悪くなってしまいますので、常に見られていることを意識して行動しましょう。


まとめ

気持ちの良い対応であればあるほど、お客さまは店舗に良いイメージを抱きますし、リピートにも繋がります。


ただ、突然訪問されるわけですから、いくらプロ意識の高い美容師でも準備ができておらず、バタバタすることもあるでしょう。しかし、どれだけ忙しくても笑顔だけは忘れないようにしてください。特に新規のお客さまに対しては、丁寧な接客を行いましょう。

サロン経営成功者のインタビュー資料をプレゼント!

サロン経営者の成功体験をインタビューし、1つの資料にまとめました。
みなさんが抱える悩みの解決へのヒントとなれば幸いです。
5分で読める凝縮された資料となりますので、是非お読み下さい。

人気記事ランキング

タグ一覧