お客さまのヘアサロンの探し方はネット。見つけていただく方法とは?

お客さまが新しいヘアサロンを選ぶとき、どんな方法で探しているのでしょうか?


「仕上がりがイマイチ」「なんとなく新しいサロンに変えたい」など、ヘアサロンを探す理由はさまざまかと思いますが、そんなとき、お客さまがどのようにサロンを探すのか把握しておくことが大切です。


探し方を理解しておくことで、自分のサロンを宣伝するべきところが分かり、新しいお客さまの獲得に繋がります。


今回は、お客さまがヘアサロンを選ぶ方法についてお話しします。


お客さまはどのようにヘアサロンを探すのか

ヘアサロンを選ぶきっかけとして挙げられるのは、


・知人の紹介
・フリーペーパーなどで見つける
・通りすがりで発見する
・インターネットで探す


この4パターンが一般的ではないでしょうか。

お客さまにとって、ヘアスタイルを変えることは一大事です。
少しでもクオリティが高く、自分に合っているサロンを選びたいと思っています。


つまり、サロン選びで重視するのは「イメージに合ってるか」「信頼できるか」という点だと言えます。「フリーペーパー」や「通りすがり」で選ぶと、想像していたイメージと違うヘアサロンを選んでしまうリスクも高く、自分に合ったヘアサロンを選びたいお客さまにとってはあまり向いていないと言えるでしょう。


また、世の中にはヘアサロンが多数存在しています。

価格と質、どちらを重視するかによってサロン選びの基準が異なるため、「ありすぎてどこのサロンを選んだらいいかわからない」というのがお客さまの悩みであるといえます。


そんな悩みを解決してくれるのが「インターネットでの検索」です。
最近では、ホットペッパービューティーをはじめとするさまざまなへアサロンの総合検索サイトが展開されているので、集客アップを目指すためには、ネットへの掲載は欠かせないということが分かります。


王道のホットペッパービューティーには掲載しよう

ヘアサロン検索・予約サイトとして圧倒的なユーザー数を誇る「ホットペッパービューティー」。思い立った時にすぐ予約でき、お店の検索条件やクーポンメニューが幅広く用意されていることから、新規客のほか、リピーターも多く獲得できるメディアといえます。


実際に検索エンジンで「地名+美容院」と検索してみると、ホットペッパービューティーの検索結果一覧が複数表示されており、多くのユーザーの目に留まりやすいということがすいそくできます。


また、サロンを利用するお客さまは20代~40代の女性が多く、この世代はサロンに対して求めるこだわりが多い傾向にあります。


「仕事終わり」「土日祝」「トレンドのヘアケア」など、細かな情報を効率よく探すことができ、そのままWEB上で予約できる便利さから、「自分好みのサロンを効率よく探す」ツールとして重宝されているのです。


このように、ホットペッパービューティーは、「お客さまのニーズに適した多方面からのアプローチができる」心強いメディアといえます。掲載プランの自由度が高く、低予算での掲載ができるプランも用意されているため、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。


若い世代ではInstagramでヘアサロンを探すケースも

SNSがブームになっていますが、ヘアサロン探しにも「Instagram」を活用する若者が増えていることをご存じでしょうか?


若い世代を中心に、スタイリスト個人またはヘアサロンのInstagramアカウントを見て、「この人のスタイリングが好み」「理想の髪型にしてくれそう」と好みのイメージに近いサロンを選ぶことが一般的になりつつあります。


Instagramでサロンを探す魅力は、ヘアサロン名で検索をしなくても「ショートヘア」「切りっぱなしボブ」といったように、好みのスタイルで検索できる点です。


実際に利用したお客さまの仕上がりや、他のスタイリスト、お店の雰囲気などを画像から感じられることで、「どんなサロンなのか」をひと目でアプローチすることができます。


さらに、WEBサイトに掲載されている口コミに比べて、実際に利用した人の共有記事や、コメントの方がお客さまに信頼を与えやすいと言えます。スタイリストの普段の生活やファッションなどが分かれば、よりお客さまに親近感を与えるでしょう。


このように、ヘアサロンの掲載はWEBサイトだけでなく、Instagramにも視野を広げていくことが重要です。お店やスタイリストのアカウントを作り、お店の特色をアピールしてみてはいかがでしょうか?


まとめ

ヘアサロン探しの多くはインターネットを利用する人が多く、なかにはSNSで自分好みのお店を見つけるという人も増えてきました。


ヘアサロンへの集客を高めるためには、ヘアサロン専門検索サイトやSNSなどのメディアを中心的にアプローチしていくのが効果的と言えます。


ただ、リピーターとしてお店に来てもらうためには、サイトに頼るだけでなく自社ならではのオリジナルサービスでしっかりと会員化することも重要です。


ホットペッパービューティーといったネットへの掲載をバランス良く考えながら、あらゆる集客の手段を考えてみてくださいね。




サロン経営成功者のインタビュー資料をプレゼント!

サロン経営者の成功体験をインタビューし、1つの資料にまとめました。
みなさんが抱える悩みの解決へのヒントとなれば幸いです。
5分で読める凝縮された資料となりますので、是非お読み下さい。

人気記事ランキング

タグ一覧