脱毛って何があるの?種類をご紹介

一言で脱毛といっても、さまざまな方法が存在しています。また、それぞれの手法によって、特徴が異なります。自分の目的に合わせた脱毛方法を選ばないと、納得できる状態になるまで時間がかかったり、お金がかかったりする可能性があります。ここでは、方法ごとの脱毛方法のメリットやデメリットについて、詳しくご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.光脱毛のメリット・デメリット
    1. 1.1.メリット
    2. 1.2.デメリット
  2. 2.医療レーザー脱毛のメリット・デメリット
    1. 2.1.メリット
    2. 2.2.デメリット
  3. 3.ニードル(電気)脱毛のメリット・デメリット
    1. 3.1.メリット
    2. 3.2.デメリット
  4. 4.ワックス脱毛のメリット・デメリット
    1. 4.1.メリット
    2. 4.2.デメリット
  5. 5.まとめ


光脱毛のメリット・デメリット


光脱毛は、エステサロンで行われる脱毛方法であり、毛球や毛乳頭などの黒い色素に反応して処理する方法です。比較的多様な毛質や毛根の深さに対応しているので、顔やワキ、そしてVラインやうなじなどさまざまな部位に照射することができるという特徴があります。


メリット

・短時間でまとめて処理することができる

・レーザー脱毛に比べると痛みが軽い

・体毛を剃った状態で施術できる

・比較的コストがかからない


レーザーの照射範囲すべてに施術することができるので、短時間で広範囲の脱毛を実現しています。比較的痛みが少ないので、痛みが苦手な人でも手軽にできる施術法といえるでしょう。エステサロンでの施術なので、比較的コストがかかりにくいというメリットがあります。


デメリット

・出力が弱いので施術に時間がかかる

・日焼けをした後や剃毛直後は施術できない


レーザー脱毛に比べると、光の出力数が弱いため、脱毛効果を実感できるまでに時間がかかる可能性があります。また、日焼けをしている状態や剃毛直後だと、肌を傷つける可能性があることから、施術が断られる恐れがあるでしょう。


医療レーザー脱毛のメリット・デメリット


医療レーザー脱毛は、クリニックで施術される脱毛法です。光脱毛と同様に毛球や毛乳頭などの黒い色素に反応して脱毛をします。当った部分に熱が加えられるため、毛の再生を抑制させる効果があります。顔やワキ、そしてVラインやうなじなどさまざまな部位に照射することができるでしょう。


メリット

・光脱毛より高い脱毛効果

・比較的短期間で脱毛できる

・医療機関で施術するため安心

・体毛を剃った状態でも施術できる


光脱毛に比べて、数倍の出力数で照射するため、より短時間で広範囲の脱毛をすることが可能です。また、クリニックで受診するため、万が一のことがあった場合でも、すぐに医師に確認してもらうことができるという安心感があります。


デメリット

・光脱毛に比べて痛みが生じやすい

・脱毛コストがかかりやすい


照射する光の出力数が高いことから、光脱毛に比べて痛みを感じる人が多く、場合によってはやけどのような症状が現れる場合もあります。また、1回の施術コストが高くなりやすいという点はデメリットです。


ニードル(電気)脱毛のメリット・デメリット


ニードル(電気)脱毛は、毛穴のひとつひとつに細い針を差し込み、底から弱い電気や高周波を流し込んで毛根部を破壊する施術方法です。海外では100年以上施術されてきている歴史ある方法であり、近年ではチタンやゴールド加工の針を使って金属アレルギーの人でも安心して施術を受けられるようになっています。


メリット

・もっとも確実性の高い脱毛効果

・色素の薄い毛や細い毛にも対応

・レーザー照射できない部位でも脱毛できる


針で直接毛根をひとつずつ焼いていくため、どの脱毛法よりも高い脱毛効果を実感することができるでしょう。また、レーザー脱毛や光脱毛は、黒い色素に反応するため、色素の薄い毛や細い毛には対応できません。しかし、ニードル脱毛であれば、脱毛することができます。


デメリット

・施術に時間がかかる

・人によっては痛みを強く感じる

・施術前には毛を伸ばしておく必要がある


毛穴ひとつずつに施術していくため、非常に時間がかかります。また、針を刺すことから、個人差はあるものの強い痛みを感じることがあります。


ワックス脱毛のメリット・デメリット


ワックス脱毛は、エステや自己処理でも手軽にできる脱毛法です。いろいろな製品が販売されていますが、特にコンフォートジャパンの「Sugar Depilation」がおすすめです。ハンガリー製の砂糖が原料のワックスであり、スプレーして塗り込み、少し待つだけで驚くほどの毛を毛根から抜き取ることができます。


メリット

・産毛もまとめて処理できる

・古い角質も同時に処理する

・シェービングよりも効果が長い

・伸びてくるときにチクチクしない

・急いでいるときにも最適

・コストが安い


レーザーの反応しないような産毛であっても、まとめて短時間に処理することができます。また、古い角質も一気にとれるので、透明感のある肌を実現します。毛根ごと抜くため、シェービングよりも効果が高く、伸びてきたときにチクチクしないというメリットがあるでしょう。


デメリット

・毛をまとめて抜くため痛みを感じやすい

・肌へのダメージがかなりある


広範囲を一気に抜きとるため、痛みを感じやすい傾向です。また、肌へのダメージが強いため、肌が弱い人は注意が必要であり、施術前後にしっかりとケアをする必要があります。


まとめ


脱毛には、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛、そしてワックス脱毛があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。もっとも手軽にできてコストがかからないのは、ワックス脱毛です。ただ、永久脱毛効果を得たい場合は、その他の脱毛法を検討する必要があります。自分にとってもっとも適した脱毛法を検討してみてはいかがでしょうか。

サロン経営成功者のインタビュー資料をプレゼント!

サロン経営者の成功体験をインタビューし、1つの資料にまとめました。
みなさんが抱える悩みの解決へのヒントとなれば幸いです。
5分で読める凝縮された資料となりますので、是非お読み下さい。

人気記事ランキング

タグ一覧