美容室経営の儲かる仕組みとは

美容室の経営では技術力や丁寧な接客などのほか、サロンの集客や売上を上げるための仕組みづくりを入れるとより高い利益が上げられます。ここでは儲かる美容室の仕組みづくりにどんな要素が必要かについて解説していきます。

目次


儲かる仕組み①商品:メニュー・スタイリスト

美容室はかなり開業数の多い業界で、お客さんに選んで来てもらうためには、自分の店にしっかりとした特徴を持たせておくことが大切です。
メニューを設定する際もサロンの魅力がわかるように決めましょう。
客側からすると、きれいにカットしてくれるのはある程度当たり前の要素です。

しかし、カットで美しさ以外を武器にしようとすると作業の速さや低価格を売りにすることになり、大型のチェーン店と競合してしまいます。
そこで、カラーやヘアケア、パーマなどカット以外の分野で強みを持っておくのがおすすめです。
売りにするためにはしっかり技術を磨いて納得してもらえる内容を準備しなければなりません。

そこで、サロンの魅力を作る場合、売りとなる分野は1つに絞るのがおすすめです。
また、スタッフを育成する場合、闇雲に練習をするだけでは効率が悪いです。
スタイリストには技術力のほか、相手に合わせた接客やカウンセリング力など多くの要素が求められます。
勉強会を行う場合は売りのポイントを押さえてすすめるようにしましょう。
もちろん、成果に見合う報酬を払う予算の確保も必要です。

儲かる仕組み②集客:新規客の獲得と既存客の定着

美容室を経営するにあたり、定期的にお客さんに来てもらえるかどうかは需要な問題です。
集客の方法は新規顧客の場合と、既存顧客の場合はまったく異なります。新規顧客へのアプローチには、広告が使われます。
店頭での広告であればそれほどコストはかかりませんが、フリーペーパーや折り込み、ネット広告などには費用がかかるため、いつでも好きなだけ広告を出せるわけではありません。

一方、既存顧客への販促方法では、ハガキや手紙、メルマガ、SNS、店舗専用アプリなどの活用が考えられます。
マーケティングの分野では「1:5の法則」と呼ばれるものがあります。
これは新規顧客と既存顧客にかかる広告費用に関わる法則で、集客には費用がかかり、新規顧客を集めるための広告費用は、既存顧客にかかる費用の5倍にものぼるという内容です。

もし新規の集客をしていても、客単価やリピート率が低い状態が続くと広告費ばかりがかさんで赤字になる可能性があるということです。
独立したばかりの開業当初であれば多少広告費用はかかるものですが、ある程度経営が軌道に乗った状態の場合であれば新規のお客さんに向けた広告をひかえて、リピート客を重視してもよいでしょう。

儲かる仕組み③販売:客単価とリピート率アップの施策

客単価を上げるためには、カット以外にも頼みたくなるメニューを用意しておきましょう。
昨今はトータルビューティーサロンとして、ネイルやエクステ、スカルプなど新しいジャンルへ挑戦して魅力を高めている美容室も増えてきています。

なお、比較的取り組んでいる人が少ない新しいジャンルとして、脱毛関係があります。
脱毛関係はシャンプー台さえあればすぐに取り入れられる手軽さが魅力です。
機能面やメンテナンスなどのサポート面に充実した機器を導入すれば、客単価を上げつつサロンの魅力も高める余地があります。

また、一度来てくれたお客さんには会計時にポイントカードやクーポン券をプレゼントしてリピート率を上げましょう。
このプレゼントは割引ではなく、一度サービスがそのまま受けられる無料券の方がリピートにつながりやすい傾向です。
特にサロンで力を入れているメニューについて無料サービスを提供すれば、口で伝えるよりも良さを的確に伝えられ、リピーターになってもらえる可能性も高まります。

美容師目線と経営者目線を切り離して考える

美容室の経営を軌道に乗せていくには、まず以下のような項目で戦略を立ておくことが大切です。

・1日の売上目標(祝日に来客数が伸びる傾向があるなど特徴があれば曜日別)

・1日の集客目標

・目標客単価

この目標は、売上金額ではなく、利益として捉えることが大切です。もし売上額が高くても、広告費や人件費などの支出がかかりすぎていれば、それだけ利益が少なくなります。
また、回転率を上げすぎてスタッフが辞めてしまっても問題です。
このように利益を適正に管理するには経営の考え方が必要になります。
利益を出している美容室には主に3つのパターンがあります。

・「カリスマ美容師」のように人気のあるスタイリストがいる

・美容室の代表が経営に専念できている

・美容室経営をプロに任せている


美容師として技術を磨いていくことと、美容室を経営して利益を上げていくことでは取り組むべき課題がまったく異なります。
しかし、サロンを成長させて将来的に大きな利益を上げていくためには、技術力と経営力の両方を高めていくことが大切です。
そこで、「今後はオーナーとして最前線で働くべきか」「経営側にシフトしていくべきか」など、今ある美容室とのかかわり方について普段から考えておくとよいでしょう。

まとめ

今以上に美容室の売上を高めるには、商品、集客、販売それぞれの面から仕組みづくりが重要です。

サロン経営には美容師の技術力だけでなく、経営的な目線も必要になります。
​​​​​​​自分とサロンのかかわり方を踏まえて必要な対応をとっていきましょう。



サロン経営成功者のインタビュー資料をプレゼント!

サロン経営者の成功体験をインタビューし、1つの資料にまとめました。
みなさんが抱える悩みの解決へのヒントとなれば幸いです。
5分で読める凝縮された資料となりますので、是非お読み下さい。

人気記事ランキング

タグ一覧