競合美容院との差別化はどうやってすればいい?

美容院は駅の近くや、ショッピングセンターの中など多くの場所で営業しています。家から徒歩圏内でも多くの美容院を見かけるという人もたくさんいるのではないでしょうか。

しかし、多くの美容院があるということは、それだけ競合が激しくなります。

美容院が生き残るためには、どのような戦略が必要になるのでしょうか。


目次


生き残るためには競合美容室との差別化が必要

オープンしてから3年以上経営できる美容院は、わずか10%といわれています。美容院はそれだけ競合が多く、生き残ることが難しい業界ということがわかるでしょう。その中で、生き残るためには他店との差別化を図ることが重要です。差別化を図ることで、その美容院独自の特徴が生まれ、そこに惹かれたお客様が来店してくれるようになります。

では、どのような差別化が有効なのでしょうか?


まず、思いつくのが他店よりも料金を安くして差別化を図るということです。

しかし、髪を切ることに料金の安さを求める人は、格安のスピードカットを選ぶでしょうから、単に料金を安くするということは差別化にはつながらないでしょう。他には、高い技術で差別化を図ろうという意見も多いかもしれません。


当然、高い技術を持つ美容師に担当してもらうことは、お客様からしてもうれしいことです。しかし、そのような技術の違いは素人が見分けることは難しいといえます。

そのため、技術で差別化を図ることはあまりおすすめできません。

では、具体的にどのような差別化を図ることで、集客効果を期待することができるのでしょうか。


「専門性」を打ち出して差別化

専門分野に特化した差別化を図ることで、集客効果を期待することができます。もう少し具体的にいうと、ヘアカラー専門店やセットアップ専門店のように、ある分野に特化したサービスを提供することで、差別化を図る戦略です。

専門性を打ち出すことのメリットとして、特定の分野に限定することでその分野の技術を大きく向上させることができます。他にも、専門性が高いからこそ、その分野に関する多くのメニューを展開することが可能です。


たとえば、ヘアカラー専門店の場合、白髪染めに特化したメニューを展開すれば、白髪を気にしている人の来店が見込めます。また、ヘアカラーで傷んだ髪を保護するためのトリートメントも、他店では諸々の料金の合計で高額になりがちです。

しかし、専門店の場合はその他のメニューは一切行わないので、他店よりも安く提供することができます。


そのため、ヘアカラーをしたいという人には専門店で差別化を図ることは効果的です。

このように、ある特定の分野に限定してサービスを提供することで、差別化を図ることができます。


「お客様との関係性」で差別化

当然、技術が高いほうがお客様もうれしいですが、素人にその技術力を理解することは難しいでしょう。つまり、高い技術よりも担当してくれた人の愛想やお店の雰囲気のほうが、印象に残りやすいということです。

そのため、お客様との関係性に特化することも差別化を図るひとつの方法になります。


美容院に訪れる人は、単に髪を切りたいという人も当然いますが、そのほかにも「いやされたい」「きれいになりたい」など人によってさまざまです。

それぞれの要望にマッチングできるようなサービスや接客をすることで、お客様との関係性を築くことができます。


「他にはないサービス」で差別化

他店では利用できないサービスを提供すれば、当然差別化を図ることができます。

たとえば、海外のエステサロンや美容院で多く行われている「スレッディング」という産毛の処理や眉毛を整えるサービスがあります。スレッディングを導入している美容院は、日本ではまだ少ないので、他店にはないサービスとして差別化を図ることができるでしょう。


他にも美容院には、「いやされたい」という要望を持っているお客様も来店します。そのため、エステサロンで行われているような顔周りのマッサージも需要があり、導入することで集客が期待できるでしょう。

このように、他にはないサービスで差別化を図ることで、集客へつなげることができます。


自店だけの強みを作り出しましょう

激しい競合の中で生き残るためには、差別化できるような自店だけの強みを作り出すことが重要です。大型店のような格安の豊富なメニューで集客を図ることは、個人で営業している美容院ではコストの面で難しいです。

そのため、特定の分野で専門性が高いサービスの提供や、お客様との関係性の向上、他にはない自店ならではのサービスで差別化を図る必要があります。


そうした差別化の結果、自店だけの強みが生まれます。独立して美容院を開業する前に、「どういった戦略で経営していくのか」について考えたうえで、お客様に喜んでもらえるような美容院を経営しましょう。


まとめ

美容院は競合が多く、生き残るためには自店の強みを生かせるような差別化を図る必要があります。単に他店との違いを作るだけでなく、お客様が本当に喜ぶようなサービスが何なのかを考えるようにしましょう。

そうすることで、自店ならではの強みを作ることができ、結果として集客効果を期待することができます。お困りの方はお気軽にお問い合わせください。

サロン経営成功者のインタビュー資料をプレゼント!

サロン経営者の成功体験をインタビューし、1つの資料にまとめました。
みなさんが抱える悩みの解決へのヒントとなれば幸いです。
5分で読める凝縮された資料となりますので、是非お読み下さい。

人気記事ランキング

タグ一覧